青汁の原料別効能ランキング

青汁の代表的な成分

青汁は使われる原材料により栄養価が多少変わります。青汁ならどれでも良いわけでは無く、食生活の中で不足している栄養素が含まれるものを選びましょう。またはその栄養素で得られる効果にて青汁の原料を選ぶ方法もあります。多く利用されている青汁の原料による効果は次のとおりです。

 

・ ケール
キャベツの原種で苦味があるのが特徴です。ビタミンやミネラルにより体を整える効果や、クロロフィルによる抗酸化作用も得られます。食物繊維が豊富で便秘対策としても利用できます。

 

・ 大麦若葉
ケールより苦味が少なく飲みやすいとして採用されることがあります。食物繊維が豊富で便秘対策として、カルシウムの量も多くイライラや骨粗しょう症対策にも繋がります。ケール同様にビタミンやミネラル、クロロフィルやSOD酵素などの抗酸化物質も含みます。

 

・ 明日葉
非常に生命力が強く、カルコンという黄色い汁で血液サラサラ効果、カリウムでむくみ対策に繋がります。ビタミンやミネラルの栄養バランスもよく、毎日の健康対策に使うことができます。

 

大まかな原材料はこれらです。それぞれに特化した栄養素、効果により適切な青汁を選んでみてください。しかし、原材料が同じでも産地や製造法により多少栄養価は異なるため、商品を選ぶ際には成分量を見ておくと選びやすくなります。

主な青汁の効果

青汁の商品の広告欄には効果効能を記載することができません。そのため、どのような効果が期待できるかは自分で調べなければなりません。商品パッケージに記載されている栄養素にて効果を予想してみましょう。

 

・ 食物繊維
どの青汁の原料でもバランスよく含まれるのが食物繊維です。青汁といったら便秘対策といわれるほどです。原料により水溶性食物繊維、不溶性食物繊維の両方が含まれているもののほうが、便秘対策の効果が高まります。

 

・ カルシウム
ケールに含まれるカルシウムは、ビタミンDとの相乗効果により吸収が良くなっています。ビタミンDも一緒に含まれていると、カルシウムの吸収を高めてくれます。ビタミンDは日光浴でも体内の量を増やすことができますから、少ない場合は別に対策してみてください。

 

・ 抗酸化作用
SOD酵素が多く含まれる明日葉や大麦若葉は、抗酸化作用が高くなります。体内で発生した活性酸素を除去し、細胞のダメージを減らしてアンチエイジング対策になります。美肌対策から病気の予防まで幅広く使えます。

 

これらが青汁を利用することで得られる主な効果です。食物繊維はどの青汁の原料にも含まれていますから、便秘対策ならどれを選んでも構いません。

青汁はこんな人におすすめ

青汁の原料に関わらず共通していえるのが、どの商品も野菜不足の解消に繋がることです。原料によりいろいろな効果はありますが、一番のメリットは毎日の食生活で不足する野菜を補えることなのです。

 

・ 1日の理想摂取量
厚生労働省の発表によると、1日に理想となる摂取量は350gだとしています。350gといってもどのくらいの量かわかりにくい方も多いはずです。緑黄色野菜や淡色野菜が120g、海藻類が230g程度です。野菜のおかずが1食につき1品〜2品くらいが目安となります。

 

・ 平均の摂取量
1日に350gの野菜が必要となるのに対し、現代人は200g台と量が足りていません。コンビニ食やお弁当が多い方は、野菜が不足している可能性があります。

 

・ 青汁で手軽に野菜摂取
現代人が不足している2割〜3割程度は、青汁を加えることで補えます。1日1杯〜2杯程度でも栄養バランスが改善します。とくに食事が欧米化している方、肌荒れや便秘など野菜不足による症状が既に出ている方におすすめです。

 

このように青汁で得られる代表的なものは、野菜不足を補えるメリットです。飲むだけの簡単さが受けており、野菜のようにカットしたり調理する手間が無く手軽です。時間が無い方にもピッタリで、野菜が不足していると感じたら飲むようにしてみましょう。

 

青汁おすすめ比較ランキング 

関連リンク

http://xn--t8j4aa2g0d6107b88yc.com/・・・青汁の種類、特徴、効果、栄養素、飲み方、アレンジ方法などもご紹介します。

ケールの青汁

ケールは1年中栽培できる生命力の強い植物です。栄養価が高いことから、昔より青汁の原料として使われてきました。青汁といえばケールといわれるほど定番ですから、苦味がとくに気にならない方はこの原料をおすすめします。

 

・ カルシウム摂取に良い
他の原料に比べてカルシウムの量が多いのが特徴です。青汁を1杯飲むと牛乳の2杯分も摂取することができます。同時にカルシウムの吸収を助けるビタミンDも摂取でき、骨・歯・イライラなどの対策に利用できます。

 

・ ルティン
ケールに特化した成分で、眼の病気を防ぐ働きがあります。最近では高齢になると発症しやすい、加齢黄斑変性や白内障・緑内障などの予防対策に良いとされています。強力な抗酸化作用を持ち、眼を守るために利用されえています。

 

・ グルコシノレート
この成分はキャベツなどアブラナ科の植物が持つ独特の成分です。がん予防に良い酵素の働きを活性化することができます。肺がん、胃がん、直腸がんなど現代人に増えているがんの予防に効果があるという研究データもあります。

 

他にもたくさんの効果や効能が期待できますが、ケールだけにしか含まれない独自の成分はまだ発見されていません。しかしカルシウムが多いことやキャベツ系の植物に多い成分など注目したい点があるといえます。

 

青汁おすすめ比較ランキング